Stabeauty装着方法
足病師養成講座
セミナー開催のご案内
足病師チェックシート

推奨商品

suisyo_1

▶ 誕生秘話・・・

2011年、約1兆4千億円規模に達するものと見込まれている日本靴市場において、フットギア市場は「楽」「快適」「健康」をキーワードに機能性フットギアの躍進が目立っている。
健康志向を反映したランニング・ウォーキングブームによるランニング・ウォーキングアイテム等が堅調に推移している一方、ファッション性の高い商品は苦戦している現状である。
これは一般消費者の知識や本物への志向がより強まってきているといえる。
しっかりとしたコンセプトと商品からの恩恵(使用メリット)が明確化されていない商品は市場の中で淘汰される時代といえる。
簡単に日常生活の妨げにならずに足部問題(足首・膝・股関節)を解決するアイテムとしてスタビューティーとオキュビューティーは生まれました。

▶ CONCEPT

足病師は足部だけでなく2カ所の重要な関節、距骨下関節と顎関節に着目し身体の様々な問題の解決方法を見出します。
この2つの関節は私達の身体位置情報を取得するためには重要な感覚受容器になります。

concept

▶ STJ(SubTalar Joint) 距骨下関節

距骨下関節の適切な可動と範囲は、身体重心をダイナミック時に補償するためには重要かつ不可欠な要素だと考えられる。
しかし、足部問題を抱える多くの方々は、そのモーションコントロールを補償できず他部位(膝や股関節など)への代償を無意識のうちに行い、
足部問題を発生させる起因やその症状を助長する傾向にある。
一般的な歩行周期においても、立脚中期時間が増加することは、距骨下関節における過度な可動が発生し、
コントロールできずにその代償が直接的に他部位へ影響を与え距骨下関節に起因した問題が、膝や股関節などキネティックチェーン(筋運動連鎖)が関与し、
歩行問題を起こすと考えられる。

▶ 正常な距骨下関節の回内と回外

①踵接地時 踵骨の外側が、距骨下関節で回外した状態で接地。距骨下関節の回外は、脛骨の外旋を伴う。 正常な歩行重心点の流れ
stj_1
②立脚期初期 距骨下関節は回内を開始。距骨下関節の回内に伴い脛骨は内旋距骨下関節の回内は横足根間関節の動きを可能にし、衝撃の吸収と接地面への適応が効果的に行われる。
③立脚期中期 距骨下関節は回内のままでその後、回外を開始。
④立脚期後期 中立位。距骨下関節の回外に伴い横足根間関節は、その動きをロックされ、【てこ】として推進期の際、下肢からの力を効果的に接地面に伝える。

▶ スタビューティ ロゴ・コンセプト

stabeauty_logo
シンプルでありながら、商品インパクトを訴求できるロゴ。全体をピンクにすることで『美』をイメージできるようなロゴ。
『b』のカラーをよりインパクトのある黄色系にすることで、全体のイメージが引き締まる。
また『b』の中に太陽をイメージしたデザインを入れることで、広がりのあるイメージとなる。


スタビューティーは足首部をしっかり引き締めて心地よく強力サポートします。
距骨・踵骨・舟状骨・立方骨が過可動しないように内反側・外反側どちらにもテンションをかけることが可能!適度な違和感を感じないサポートなため、
歩行におけるリスクを軽減し、繰り返し使用することが可能です。また、個々の状態に合わせることが可能なため、最小限の投資で最大限の効果を生み出します。

konnakata

O脚・X脚、外反母趾、内反小趾、扁平足、ハイアーチ、膝痛、股関節痛

姿勢の悩み、美脚、足首部の安定、歩行異常、足部の痛み、関節の痛み

▶ スタビューティーの特徴

sta_tokucyo


  • 外側
    stabeauty_3
  • 内側
    stabeauty_4
  • size mm
    XS 180-195
    S 200-215
    MS 220-235
    M 240-255
    L 260-275
    XL 280-

▶ TMJ(Temporomandibular Joint)顎関節

身体位置情報を把握するには2つの重要な関節があります。1つはSTJ距骨下関節、それとTMJ顎関節です。
顎関節は後蓋骨と硬膜と密接な関係にあります。顎関節を低リスクで様々な姿勢問題から改善するにはオーラルスプリントが有効的です。
咬合は私達の姿勢にも大きな影響を与え、その原理を理解すると足部問題咬合問題として分別することが可能となり、より深く効果を実感できるアプローチ方法が提供できます。


  • tmj_1
  • tmj_2
    咬合問題は後頭骨に影響を及ぼし、その影響は頸椎、硬膜のTwist(ねじれ)を生み、身体へ様々なリスクとして間接的に影響を及ぼします。

▶ オキュビューティー

tmj_3

▶ 効 果・・・

■顎関節の筋肉のリラクゼーション Laxness

水の入った袋を介在して上下の歯牙の接触がなくなったフローティングの状態により、顎関節周辺の筋肉の緊張が緩和されます。

■咬合異常刺激の発見 Occlude

筋の緊張が緩和された状態で、咬合による適切な刺激を生み出し、その刺激情報が脳へと伝達され、姿勢や痛みなどのリスクを軽減します。

■適切な顎関節可動 Temporomandibular Joint

アクアライザーを適用して一定期間使用することにより、日常生活における適切な顎関節可動域を取り戻します。

▶ 装着方法

  • 1.水枕状パッドを臼歯で噛むように装着します。
    oxubeauty_3
    2.調整をします。
    oxubeauty_4
  • 正しい装着状態
    oxubeauty_5
    oxubeauty_6


Copyright© 2014 All Japan Foot Therapist Association. All rights reserved.